Staff blog

運動不足を解消しよう①

みなさん、こんにちは。ロイヤルビューティークリニック看護師チームです。

 

体調はお変わりないでしょうか?

 

当院はコロナの影響で勤務人数を制限しながら営業しています。

 

そのため、最近は自宅待機の日が増えるほど運動不足も深刻になって来ました。

 

先日、さすがにウォーキングをしようと思い近所の大きな公園に行ってみたら、びくりするほどの人混みで引き返してきました。

 

まるで例年のお花見並みの混雑で、大人も子供もマスクもせずに遊んだり、ランニングしたり・・・。

 

逆にいつもの公園よりも密集している気がします。

 

これってどうなんでしょうか。自分が感染者かもしれないという他人への配慮はほしいものです。

 

しかし、運動不足は深刻です。みなさんはどのような方法で運動をしていますか?

 

まずは感染リスクを抑えたランニング方法をご紹介したいと思います。

 

ベルギーとドイツの研究では、

「くしゃみや咳では、飛沫を空中にまき散らすが、呼吸するだけの場合でも粒子を残す」

 

「ランニングで粒子の残る中を通った場合、粒子は衣服に付くことがある」

 

と説明しています。そのため、ランニングで同じ方向に進むランナーの真後ろを走る場合はソーシャルディスタンスと言われている2m以上の距離を開ける必要があります。

 

【ランニングにおける感染リスク対策】

・一人で走る

・混雑していない時間帯や場所を選ぶ

・他人とすれ違う時は十分に距離をあけ、くしゃみや咳をしないようにする

・ネックゲイターやマスク、フェイスマスクを装着する

・同じ方向に進むランナーの真後ろを走る場合は10m開ける

 

ランニングを長期的に行う事で免疫システムに良い影響を与えます。

 

また、ストレス発散や運動不足解消の役割もあるため、適度にランニングは続けていきたいところです。しかし、今後の状況次第ではランニングするための外出が難しくなる可能性もあるかもしれません。

 

そのために、室内でできる運動方法も考えておいた方が良さそうです。

ページトップへ